Low-Eガラスのデメリット

メリットとして遮熱効果、断熱効果があるLow-Eガラスにもデメリットもあります。

Low-Eガラスは特金属膜でコーティングされているため、
通常の複層ガラスと比べると色がついています。

色が付いているということは若干の透明感が落ち、
また少し暗く、外の景色が色が着いたようにみえるということです。

単板ガラスや一般の透明複層ガラスに比べると
高断熱タイプの複層ガラスはシルバー色、
遮断高断熱タイプの複層ガラスはグリーンの色が付いているように見えます。
これは特殊金属膜をコーティングしているためです。

透明ガラスと遮熱高断熱複層ガラス・高断熱複層ガラスの比較

Low-Eガラスは特金属膜でコーティングされているため通常の複層ガラスと比べると色がついています。

Low-E複層ガラスのサッシ窓を選んだ時に一番ネックに感じるのが価格です。
一般の複層ガラスと比べるとやや割高になります。
それは特殊金属膜をコーティングしているためです。
しかし遮熱効果、断熱効果を得られることを考えると、
また住居内の快適な空気温度環境や冷暖房効果(電気代)の効率化を考えると

1年間の電気代で考えると単板ガラスとでは¥26,000
一般の複層ガラスと比較してみても¥11,000の差額が出ます。

この金額を何年間も積み重ねていくことを考えると決して高い買い物ではないはずです。

アルミサッシ、窓のことならサッシ通販サイトアルミサッシマーケットがオススメです!
Low-Eガラス特集 アルミサッシマーケット
トステムのアルミサッシ全商品取り扱い!アルミサッシ商品送料無料!!

電気代も節約できるLow-eガラス
(一般の複層ガラスと比較してみても1年間で¥11,000節約できます!)
まとめ買いはトステムのアルミサッシ全商品取り扱い!
アルミサッシ商品送料無料!!のアルミサッシマーケット「まとめ割」へ

アルミサッシは大量まとめ買いがお得です。



style="display:inline-block;width:250px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1540870121745378"
data-ad-slot="8053020240">



style="display:inline-block;width:250px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-1540870121745378"
data-ad-slot="9529753443">